□コンテンツを拡充するプラグイン

外部の情報をいろんな形でサイトに取り込むことでコンテンツの拡充を図ることができあmす。サイトに彩を加えるようなブログパーツではなくて、サイトの回遊率や利便性に寄与するのが多数ありますし、もちろんSEOにプラスに働くのもあります。

例えば、地図情報はコンテンツの中に不可欠な要素となりました。その牽引となったのが、グーグルマップで、サイト内に自由に表示させることができるようになりました。このグーグルマップを組み込むためのプラグインがあります。

movable typeようの「mapper plugin」はテンプレートタグ内に住所を指定するだけでその場所のグーグルマップか、alpslab clipを表示させることができます。wordpressようの「wp-simple gmaps」は経度や井戸の座標指定を入れなくてお記事投稿画面のグーグルップから目的の場所を探して生成されたコードを貼り付けるだけで記事内にグーグルマップを表示することができます。

また、最近、RSSを使って、情報を発信するサイトが増えてきましたが、これらのRSSの情報を拾ってきて、自分のブログ内に表示させるプラグインもあります。これを利用すると、例えば天気情報やはてなブックマークの人気エントリー一覧を自分のサイトにほぼリアルタイムで表示させたりすることができます。

ただ、気をつけなくてはいけないことはそれをメインコンテンツにしないことです。

RSSで引っ張ってきた情報だけでウェブサイトのコンテンツを成立させることができますが、これはスパログと呼ばれる行為です。あくまでもサイトのコンテンツに+αを加える目的のみで使いましょう。