□Googleウェブマスターツールを使う

Googleウェブマスターツールですが、このツールを利用するためにはサイト構造を示したxmlファイルを用意する必要があります。movable typeではRSSフィードのテンプレートをチューニングすることでxmlファイルを自動生成することができますので、これを利用しましょう。また、記事を更新するタイミングで検索エンジン位更新情報を自動で配信してくれるプラグインもありますので、活用してください。分からないところは弊社のSEO対策コンサルタントまでご相談ください。

 

一方。wordpressにはGoogleウェブマスターツール用に特化したxmlファイルを生成するプラグインが用意されていますので、これを使います。なお、こちらはsitemap.xmlの構築だけではなく更新頻度やトップページ、カテゴリーページ記事ページなどの個別の優先順位設定などを行うことができます。これにより、あまり情報も拾ってもらいたくないページや常に更新し続けているコンテンツなどをメリハリをつけて検索エンジンに伝えることができます。

サイト修正をした場合、すぐにWEBマスターツールを使うことによりGoogleに知らせることができます。SEO対策した場合、このツールを使うことが時間の短縮になるので必ず使いたいところです。