レスポンシブWeb デザインは、 PC 、タブレット、スマ ー トフォンなどの複数デバイスに対応させる制作手法です。複数の異なる画面に応じて、ページのレイアウトやデザインを CSS 側で調整して、 Web サイトの表示 (見せ方)を切り替えます。

このような手法を選択しなければいけない背景としては、前出のマルチデバイス化が大きく関係しています。複数のインターネッ ト閲覧ツー ルがあるので、スマートフォンをに据えながらも、タブレットやPC ユーザーを取りこぼすわけにはいかないのです。 今後もし新しい規格の画面が出てきた場合でも、 CSS 記述の調整だけなら、どんなデバイスであろうとも、即座に対応しやすいという長所があり ます。
勘違いされがちなのですが、 CSS3のメディアクエリを利用するから といって、 HTML5 で作らなければいけないなんてこともありません。 スマートフォン/タブレット /PC 用と 3つのパターンを作成する場合は、次のような順序でCSS を記述します。